一般

クビアカツヤカミキリの生態や被害がやばい!桜の花見対策が気になる!

クビアカツヤカミキリの生態や被害がやばい!桜の花見対策が気になる!

こんにちは!新じいです!!

だいぶ暖かくなってきて春になるのが

楽しみな季節になりましたね♪

 

そんな中将来花見ができなくなるかもしれないという

ショッキングな情報が入ってきました!!

その原因と言うのが外来昆虫のクビアカツヤカミキリ

なんです!舌をかみそうな名前ですがやばい生態や

被害、今後も花見をしていくための対策を調べてみました!

スポンサードリンク


生態

クビアカツヤカミキリ

学名:Aromia bungii

分類:コウチュウ目カミキリムシ科

別名:クロジャコウミキリ

体長:22~38mm

分布:中国、モンゴル、ロシア極東など

出典:wikipedia

 

日本では2012年に愛知県で始めて発見された生物で

2018年の1月に特定外来生物に指定されているんです!

日本には最近入ってきた生物なんですね!

 

進入ルートははっきりしていないみたいですが

中国の貨物に紛れ込んできたんじゃないかという

といわれているんです!

スポンサードリンク


被害がやばい

そんな新参者の外来生物のクビアカツヤカミキリ

ですが被害が尋常じゃないんです!

 

主に梅や桜、桃などのバラ科の樹に寄生して

幼虫が木の内部を食い荒らすために枯れてしまうんだそうです。。

仲良くせーや笑

 

さらに繁殖力がとんでもなく、雌は100から300の

卵を産むんだそうです!

ねずみ算式ですね笑

 

このまま十分な対策をとらないでいると

20年~30年後には花見ができないことになるかも

しれないんです!

 

花見もそうですがバラ科の果物の樹も被害が

すごそうですね・・・。

スポンサードリンク


対策

次に対策について調べてみました!

クビアカツヤカミキリは1~3年かけて成虫になるまで

木の内部で過ごすそうで、それまで食い荒らし続ける

らしいんですが、対策としては木の内部に薬剤を

注入することだそうです!!まあ個人でやれることでは

なさそうですね~。

 

あとは成虫が移動しないためにネットをかけるなどです!

被害の受けている木ごと伐採して一網打尽ってのも

あるみたいですが、なかなか被害の沈静化までは至ってない

そうですね!

スポンサードリンク


まとめ

それではまとめです!

・2012年日本で初めて発見、2018年に特定外来生物に

・バラ科の木に寄生し甚大な被害

・対策は木の内部に薬剤の注入など

 

うーんどうにか美しい桜の木がずーっと見られると

いいんですが。

スポンサードリンク


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top