事件

ピットブル(沖縄うるま市逃走)はどこに逃げた?危険性や対策を調査 !

ピットブル(沖縄うるま市逃走)はどこに逃げた?危険性や対策を調査 !

こんいちは!新じいです!!

沖縄県のうるま市で3月15日に飼っていたピットブル

という種類の闘犬が家の敷地内から逃走したらしいですね。。

 

闘犬としても知られている大型犬でまだ3月17日現在

見つかっていないんですが、いったいどこに

逃げたんでしょう?

危険性や対策についても調べてみました!

スポンサードリンク


逃げたピットブル

逃げたピットブルは生後10ヶ月で

体長は130センチにもなるそうです!!

でかいなおい!!上の画像は実際に逃げた

ピットブルですね!

 

飼い主はうるま市の自営業の男性で

なんと狂犬病などの予防接種もしていない

ようなんです。。おっと

 

特徴としては茶色の雌でチェーンの首輪に

灰色のリードをつけています!まあ見間違えなんて

ありえないと思いますが!

 

15日に逃走してから二日もたっていますが

こんな大型犬なら目立つと思いますので

すぐ発見されそうですけどね!

いったいどこまで逃げてしまったんでしょうか??

 

今見つかってないことを考えると町のほうには

いないのは予想されますね!

ピットブルは1日に必要な運動量も多いので

2時間以上の運動を1~2回ぐらい行なうのが適切と

言われています!逆に言うとこれぐらいの運動は

余裕ってことですね。

 

うーん日に日に創作範囲が広がっていく感じですね。。

スポンサードリンク


危険性や対策

さまざまな国で飼育や輸入制限がかかる

ピットブルですが危険性や対策についても

調べてみました!

 

やはり闘犬に使用されるほどの犬種だけに

攻撃性も高いのが特徴ですね。

アメリカの調査によると過去20年間での犬種別死亡事故で

1位なのがピットブルなんです。

 

さらに狂犬病のワクチンを摂取していないということで

感染の危険性もありますからね。。

 

しっかり躾けられていれば従順らしいですが

逃走していることからもちょっとそのあたりは

わからないですよね!

 

対策としては発見したら自分でどうか使用としないで

すぐに報告すること、逃げるときも回れ右で全速力で

走ると追いつかれるのとこっちが弱い立場と思われる

らしいので、視線をはずさないで徐々に距離を広げる

のがいいらしいみたいです!野犬に遭遇した場合の対策ですが

まあ同じと考えたほうがいいでしょう!笑

スポンサードリンク


まとめ

それではまとめです!

・1日に4時間ぐらいは行動可能

・死亡事故が一番多い犬種

・逃げるときは視線をはずさず距離を広げる

住民も外に出るのも不安な毎日ですよね。

早く見つかることを願っています。。

スポンサードリンク


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top