スポーツ

内川聖一の過去の病気は骨嚢腫!踵が溶ける原因や症状と痛みが気になる!

内川聖一の過去の病気は骨嚢腫!踵が溶ける原因や症状と痛みが気になる!

こんにちは!新じいです!!

今回紹介するのは福岡ソフトバンクホークスの

野手内川聖一選手の高校時代の病気についてです!

 

病名は骨嚢腫というらしいんですが、なんと踵(かかと)の

骨が溶けるらしいですね。。怖い!

よく治してプロになりましたね!

痛みの症状や原因も調べてみました!

スポンサードリンク


骨嚢腫の原因や症状

かかとの骨が溶けるとか想像しただけで

ぞっとしますがどんな病気なんでしょうか?

 

骨嚢腫(こつのうしゅ)について調べてみたところ

かかとのほかに腕や太もものにも発生するらしく

骨の中の骨髄の部分が空洞になってそこに血液の上澄み

液みたいなものが溜まっていくんだそうです。。

 

空洞は膜に覆われているので、骨の中に水の入った

風船が膨らんでいくイメージらしいです!ひえー

 

だんだん圧迫されて痛みが生じたり、さらに

ひどくなると骨折したりするんだそうです。。

 

原因についてははっきりわかっていないんです!

ただこの病気にかかるのはほとんど20歳以下の

方にかかるそうなんです!

ほんとに内川選手はすごいとしか言いようがないですね!

スポンサードリンク


内川選手高校時代

内川選手の骨嚢腫の経緯はというと

大分工業高校の1年生夏に左足のかかとに激痛

走ったらしいですね。

1年生でこれからって時にかなりの絶望だったでしょうね。

その年の秋に手術を行なっています!3回の手術で

4ヶ月の入院生活を送っているんですね!!

 

そんな中で高校時代に通算43本もホームランを

打つんだからすごい!

横浜ベイスターズへプロ入団の際にも故障の治療の保証も

契約条件に盛り込まれていたそうですね!良くぞここまで

続けて来れました!!

スポンサードリンク


まとめ

それではまとめです!

・骨嚢腫の原因は不明

・症状は骨髄内部に水がたまり激痛や骨折

・内川選手は高校1年秋に4ヶ月の入院中に3回の手術

そんな過去をもちながら通算2000本安打まで達成して

本当にすごい選手ですね♪

おめでとうございます!これからもがんばってください!!

スポンサードリンク


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top