社会

日高六郎の死因の病気(病名)は?現在は中部大教授で弟の日高八郎もすごい!

日高六郎の死因の病気(病名)は?現在は中部大教授で弟の日高八郎もすごい!

こんにちは!新じいです!!

今回紹介するのは社会学者の日高六郎さんについてです!

 

101歳の年齢で亡くなった日高さんの死因の病気や

中部大学の教授などの経歴、弟さんの日高八郎さんに

ついても調べてみました!

スポンサードリンク


プロフィール

日高六郎(ひだかろくろう)

出身地:中国青島市

生年月日:1917年1月11日~2018年6月7日

享年:101歳

職業:社会学者

出典:wikipedia

 

代表著書には1960年の現代イデオロギーなど

がありますね!

名前が似ていますが先日亡くなった日高晤郎さんとは

まったく関係がないようですね!

ちなみに日高晤郎さんの記事はこちら↓

最近は住んでいたフランスから帰国して

中部大学の教授や神奈川人権センターの理事長を

歴任していました!

 

晩年は京都市左京区の有料老人ホームに入所していた

みたいですね。

スポンサードリンク


死因の病気は?

日高さんの死因はなんだったんでしょうか?

公表されていましたが老衰だったみたいですね。

まあ。101歳ということで大往生と言えるのでは

ないでしょうかね。

 

ちなみに最近老衰でこの世を去った俳優の

いか八朗さんの記事はこちら↓

葬儀については日高さん本人の意思で

行わないそうですね。

スポンサードリンク


弟の日高八郎

弟さんの日高八郎さんについても

調べてみました!

弟さんは英文学者でジキルとハイドの翻訳も

行っている方だそうです!

東京大学の名誉教授にもなっているすごい人なんです♪

スポンサードリンク


まとめ

それではまとめです!

・死因は老衰

・弟の八郎は英文学者で東大名誉教授

ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク


 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top