芸能

木下忠司の死因の病気(病名)が気になる!兄の木下恵介は映画監督!

木下忠司の死因の病気(病名)が気になる!兄の木下恵介は映画監督!

こんばんは!新じいです!!

今回は2018年4月30日に亡くなった作曲家の木下忠司さんに

ついてです!水戸黄門でお馴染みの人生楽ありゃ苦もあるさ〜♪を

作曲した木下さんですが、亡くなった原因の病気やお兄さんの映画監督の

木下恵介さんについても調べてみました!

スポンサードリンク


プロフィール

木下忠司(きのしたちゅうじ)

出身地:静岡県浜松市

生年月日:1916年4月30日

享年:102歳

職業:作曲家

出典:Wikipedia

 

102歳で亡くなったということですが、大往生ですね!

昔から水戸黄門といえばこの曲って感じだったので

びっくりました!!

 

静岡県立浜松第一中学校(現在の浜松北高校)を卒業してから

武蔵野音楽学校(武蔵野音楽大学)で声楽を学んでいます♪

卒業後新交響楽団で機関誌のフィルハーモニーの編集に

携わったそうですが、戦争で軍隊で勤務していたそうです!

 

代表曲としてはやはり水戸黄門の主題歌『ああ人生に涙あり

(曲名、人生楽ありゃ苦もあるさだと思ってました)や意外だったんですが

アニメカリメロの主題歌を作曲していたんです!

とても水戸黄門とのギャップが半端ないです!笑

スポンサードリンク


死因の病気(病名)は?

亡くなった原因は何でしょうか?

どうやら老衰だったようですね。自宅で亡くなったそうなので

病院での入院していたわけではなさそうです。102歳まで生きて

自宅で亡くなるなんて今だととても珍しいんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク


兄は映画監督の木下恵介

木下忠司さんのお兄さんについてですが、映画監督の木下恵介さん

らしいですね!戦後にお兄さん紹介で松竹芸能の音楽部員になったそうで

実は恵介さんが監督した映画『わが恋せし乙女』で音楽を担当、さらに

恵介監督の破れ太鼓では役者としても出演しているんです♪

 

お兄さんは1998年に亡くなっているんですね。。

 

そして何と妹さんが木下忠司さんの妹さんの楠田芳子さんも

実は脚本家なんです!すごい兄妹ですね!

スポンサードリンク


まとめ

それではまとめです!

・水戸黄門主題歌やアニメカリメロの主題歌を担当

・死因の病気は老衰 入院はしていない?

・兄の木下恵介と妹の楠田芳子は映画監督と脚本家

ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top