ニホンヤマネ(天然記念物)がかわいい!やばい生態や分布を調査!

動物
ニホンヤマネ(天然記念物)がかわいい!やばい生態や分布を調査!

こんにちは!新じいです!!

今回紹介するのは天然記念物にも指定されている

ニホンヤマネについてです♪

 

そのかわいい見た目に似合わないやばい生態や日本のどこに

生息しているのかを調べてみました!

ニホンヤマネ

種類:哺乳綱ネズミ目(齧歯目)ヤマネ科ヤマネ属

別名:山鼠、冬眠鼠

体長:6.8-8.4センチメートル

体重:14-23グラム

出典:wikipedia

 

見た目のかわいさがやばいですよね!

リスやねずみに似てますが別の種類にあたるんです!

別名が『冬眠鼠』なのにネズミじゃないとかややこしい笑

 

日本の固有種で分布は本州・四国・九州だそうです♪

1975年には国の天然記念物にも指定されています!

 

数百年前から化石が見つかっていて『生きた化石』とも

いわれているんです!

やばい生態

ニホンヤマネの生態についても調べてみました!

外の気温が9℃ぐらいになると森の中の腐葉土の下

や洞の中で体温を通常の36℃から1℃付近まで

下げて冬眠します。1℃まで下げるとかすごすぎますね!

しかも一度冬眠に入ると半年間は眠り続けるんだそう!!

さすが眠りネズミといわれるだけありますね(ネズミじゃないけど)

 

さらにすごいのが敵から追われて尻尾をつかまれたときには

体毛と皮膚が抜け落ちて骨だけになって逃げるのに役立つという

性質を備えているそうなんです!トカゲ感半端ない!!笑

 

さすが数百万年前から生き延び続けているだけありますね!

ファンタジーのモンスターの設定って言われたほうがまだ

納得の生態ですね笑

 

ちなみにこれがつかんで取れた尻尾だそうです↓

そりゃ外敵もこんなんおいてかれたら戸惑いそうですよね笑

まとめ

それではまとめです!

・見た目がかわいい『生きた化石』

・冬眠に入ると半年は目が覚まさない

・尻尾を囮に逃げる性質あり

こんなかわいいニホンヤマネが住める環境を

残していきたいですね!

Visited 26 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました