スポーツ

ゲイル・ヘルゲモのカードゲームでドーピングの理由や経緯を調査!

ゲイル・ヘルゲモのカードゲームでドーピングの理由や経緯を調査!

こんにちは!新じいです!!

今回紹介するのはカードゲームのブリッジのプロプレイヤーの

ゲイルヘルゲモさんについてです!

 

なんでもドーピングの疑いで出場停止になったんだそうです!

カードゲームでドーピングってのも不思議な感じですが

その経緯や理由について調べてみようと思います!!

スポンサードリンク


wiki風プロフィール

ゲイルヘルゲモ(Geir Helgemo)

出身地:ノルウェイ

生年月日:1970年2月14日

年齢:49歳

職業:プロブリッジプレイヤー

出典:Wikipedia

 

コントラクトブリッジというカードゲームの競技で

世界ナンバーワンのプレーヤーとして知られているゲイルゲルゲモさんですが

コントラクトブリッジとはどんな競技なんでしょうか?

 

ルールを見つけました↓

4人のプレイヤーがN−S(北・南)、E−W(東・西)の2チームに分かれ、ペアで戦います。時計まわりに1人1枚ずつカードを出し、最も強いカードを出した人が勝ちです。この1回の勝ち負けをトリックといいます。ゲームの目的は、役を作ったり絵札を集めたりすることではなく、「トリックをたくさん取ること」。使われるカードは52枚ですから、1人ずつ13回カードを出すと手持ちカードがなくなります。この13トリックのうち、自分とパートナーが相手のペアより多くのトリックを取れば勝ち、というのが基本的なゲーム運びです。

日本コントラクトブリッジ協会 公式ホームページ

 

このゲームで1990年にはノルウェー代表としてヨーロッパ選手権で

優勝、1993年には世界選手権で2位になっている選手なんです!

そんな長く活躍するゲイルヘルゲモさんがドーピングなんて

一体どうしたんでしょうか?

スポンサードリンク


ドーピングの理由や経緯

2018年9月にアメリカのフロリダで行われた大会にモナコ代表として

出場したゲイルヘルゲモ選手(現在はモナコに移住しています)。

 

男性ホルモンのテストステロンにて陽性反応が出たことで

1年間の出場停止処分になってしまったんですね!

身体でも分泌されるホルモンの一種で足りなくなると

筋肉量や筋力の低下、肥満、血糖値の上昇、うつ病や性欲の低下などの

症状が現れるんですがうーんアスリートでテストステロンをドーピングって

よく聞きますが知的スポーツでもってのはなんだか不思議な感じが

しますね!

海外の記事では『ブリッジの性能を向上させるものではありませんが、

ドーピングリストに載っている物質は使用しないことが彼の責任です。』

というのもあったので、何か別のゲイルヘルゲモさんが語っていない

競技に関係しない理由でテストステロンを使用したのではとは

予想できますね。

スポンサードリンク


まとめ

それではまとめです!

・ブリッジプレイヤーとして世界一の選手

・2018年9月の大会でテストステロンをドーピングで出場停止に

・競技にはあまり効果が関係ないことから別の理由で使用?

2019年の11月20日までの長い出場停止となっているゲイルさんですが

復帰が待たれますね!

スポンサードリンク


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top