メリケントキンソウの駆除方法は除草剤?危険性や増え方がやばい!

植物
メリケントキンソウの駆除方法は除草剤?危険性や増え方がやばい!

こんにちは!新じいです!!

今回紹介するのはメリケントキンソウという外来植物に

ついてです!

 

その危険性や増え方がやばいということで

駆除しているようですがその駆除方法についても

調べてみようと思います!!

メリケントキンソウ

種類:キク科イガトキンソウ属

学名:Soliva sessilis Ruiz et Pav.

花期:4~5月 ( 果期:5~6月 )

草丈:5cmほどの小型の1年草

生育地:芝地、草むらなど

分布:本(関東以西)~九  ( 南アメリカ原産の帰化植物 )

出典:野の花・山の花

 

この南アメリカ原産の外来植物が問題になっていますね!

日本での歴史は古く、1930年に和歌山県で帰化しているのが

報告され、三重県でも帰化しているのを確認しているんです!

危険性や増え方

名前がすでにいかついですがその危険性や増え方に

ついても調べてみました!

5月から6月に成長する果実にとても

鋭いトゲをつけるため、トゲが刺さってケガを

する危険性があるんです。

 

そしてその刺さるということが大繁殖を招く危険性も

はらんでいて靴などに刺さって種が運ばれて、繁殖力が

強いのでどんどん増えて行ってしまうんです。

駆除方法

駆除方法については除草剤で一気に・・・とは行かず

まだ方法が確立していないんだそうです!

現在実験を行っているのが下記の方法です

光を遮断して光合成を阻害する防草シート

または目土(砂)をかぶせる

繁殖力の強いあかクローバーを植えて生育を阻害

オレンジ由来の市販リモネン除草剤

食酢

糸島産のミカンを使った除草剤

出典:ヤフーニュース

 

この中で有効な手立てが見つかると良いんですが。。

まとめ

それではまとめです!

・南アメリカ原産の外来植物

・日本での繁殖が危険視

・果実の部分のとげが刺さり危険

・靴に刺さって大繁殖の可能性も

・駆除方法は確立してなく現在模索中

子供は芝生を思う存分裸足で走りたいでしょうからね!

早く駆除の方法が見つかると良いんですけど。

Visited 37 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました