漫画家

モンキーパンチの死因の病気(病名)は肺炎?現在の活動や本名も調査!

モンキーパンチの死因の病気(病名)は肺炎?現在の活動や本名も調査!

こんにちは!新じいです!!

今回紹介するのはルパン三世の生みの親である漫画家の

モンキーパンチさんについてです。

 

残念ながら2019年4月11日にこの世を去って81歳でこの世を

去ってしまいましたが、その原因になった病気の病名についてや

本名、最近の活動についても調べてみたいと思います。

スポンサードリンク


プロフィール

モンキーパンチ(もんきーぱんち)

本名:加藤一彦(かとうかずひこ)

出身地:北海道厚岸郡浜中町

生年月日:1936年5月26日-2019年4月11日

享年:81歳

職業:漫画家、デジタルクリエイター、教授

出典:Wikipedia

 

今でも映画や新作アニメで大活躍のルパン三世ですが

原作者であるモンキーパンチさんが亡くなったなんてとても

残念ですね。。

ネットでも多くの悲しみの声がコメントされています。


1965年に漫画家としてデビューしているんです!

当初は本名の加藤一彦さんの名前の漢字を変換したペンネーム(加東一彦)

で活動していたそうですが、当時の編集長が適当につけた名前のモンキーパンチ

変更されたそうなんです!当時気に入ってなかった名前ですぐ変えようと

考えていたそうですが、この名前で漫画が大ヒットしてしまったことで

変えるに変えられなくなったエピソードがあるんだそうです!笑

 

大ヒット作であるルパン三世は1967年に初めて掲載されて今でも

多くの方に愛される作品になったんですね♪

スポンサードリンク


死因の病気

モンキーパンチさんの亡くなった原因の病気についても

調べてみました!

死因の病気については誤嚥(ごえん)性肺炎だったそうですね。。

 

食べ物や唾液などが誤って食道じゃなく気道に入ってしまうことで

起きる肺炎です。高齢の方の肺炎の70%はこの誤嚥が関係するらしく

治療も困難な病気としても知られているんです。

今まで入院していたという情報は入ってきていないですね。

スポンサードリンク


現在の活動

モンキーパンチさんの最近の活動についても調べてみました!

最近入ってきた情報としては2016年に北海道新聞文化賞を受賞したことと

2017年に北海道の専門学校の札幌マンガ・アニメ学院顧問に就任していたらしいですね!

講師を担当した学生の中からモンキーパンチさんの意志を継いだ

すごい漫画家さんが生まれることを願っています!

スポンサードリンク


まとめ

それではまとめです!

・本名は加藤一彦

・死因の病気は誤嚥性肺炎

・現在の活動は漫画専門学校の顧問

ご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top