長谷邦夫(パロディ漫画家)の死因の病気(うっ血性心不全)を調査!引退の原因は?

漫画家
長谷邦夫(パロディ漫画家)の死因の病気(うっ血性心不全)を調査!引退の原因は?

こんにちは!新じいです!!

今回紹介するのはパロディ漫画のパイオニアとも

いわれていた漫画家の長谷邦夫さんについてです。

 

2018年11月25日にうっ血性肺炎で亡くなった

そうなんですが、どんな病気なのかや引退の原因に

ついても調べてみたいと思います!

プロフィール

長谷邦夫(ながたにくにお)

出身地:東京都葛飾区

生年月日:1937年4月7日 – 2018年11月25日

享年:81歳

職業:漫画家

代表作:『バカ式』、『しびれのスカタン』

出典:wikipedia

トキワ荘メンバーとして赤塚不二夫さんの

天才バカボンやおそ松くんなどのブレーン役

として有名ですね!

 

自身の漫画としては盗作シリーズとして

パロディ漫画を発表していることでも

有名ですね♪パロディ漫画って今では当たり前な

感じですが当時からしたらかなり反響とか批判とかも

ありそうですがすごい勇気ですよね♪

 

しかし『おそ松くん』、『ひみつのアッコちゃん』、

『天才バカボン』『もーれつア太郎』『ギャグゲリラ』の

作画やアイディアまで担当していたからこそのパロディ漫画も

やれていた感じでしょうね!

死因の病気

長谷さんの亡くなった原因とされているのが

うっ血性心不全とされています。

どんな病気なんでしょうか?

 

心臓の機能障害で血液の流れが滞ってしまうことで

起きる病気なんだそうです。

2017年ごろから体調を崩して入院していたそうで

入院中は誤嚥性肺炎を繰り返したそうですね。。

 

摂食嚥下障害(食べ物を飲み込むことが困難な障害)が

うっ血性心不全の急性増悪因子になりうるというのを

ネットの情報で見つけましたので原因としては誤嚥性肺炎は

大きそうですね。。

活動休止の原因は?

長谷さんの活動については2013年の4月30日まで

脳出血で倒れたことが原因だったそうですね。

体調が悪くなって入院するまでは特別養護老人ホームに

入所していたんだそうです。

 

日本マンが学会の理事や大学の講師も務めて

精力的に活動していたのに残念ですね。。

まとめ

それではまとめです!

・うっ血性心不全が亡くなった原因

・脳出血で2013年に活動を休止

御冥福をお祈りします。

Visited 40 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました