生活

原美術館の閉館理由が気になる!建物の今後は取り壊し?収蔵品はどうなる?

原美術館の閉館理由が気になる!建物の今後は取り壊し?収蔵品はどうなる?

こんにちは!新じいです!!

今回は2020年の12月に閉館が決まってしまった原美術館

ついてです!

 

多くの方から残念という声が多いんですが、閉館の理由や

建物の今後についても調べてみました。

収蔵品の数々がどうなるのかも気になりますね!

スポンサードリンク


原美術館

専門分野:現代美術

館長:原俊夫

開館:1979年12月

住所:東京都品川区北品川4-7-25

出典:Wikipedia

 

元々は実業家の原邦造さんの邸宅だった建物を当時では珍しい現代美術館として

オープンさせたものなんですね♪

館長の原俊夫さんは原邦造さんのお孫さんにあたるんです!

(今年退任しているみたいです)

 

現代美術の最新の動きを意欲的に紹介していて、有望な新人さんを

紹介することにも積極的なんですね!

だからこそ長い歴史に中で多くのファンに愛された美術館になっているんでしょうね!

 

まだ美術館は好きなのにまだ行ったことがないのでできれば閉館する前に

行ってみたいとネットでの反響で改めて思いました!

スポンサードリンク


閉館の理由

そんな原美術館の閉館の理由はなんでしょうか?

多くの方からの残念という声からもわかるように人気が無くなってとか

では絶対ないと思うんですが・・。

理由としては建物の老朽化というのがあるようですね!

うーんそればっかりは・・・。まあ原邦造さんの邸宅として建てられたのが

昭和13年(1938年)ですからね!建物自体にガタがきてもおかしくないですね。。

建物を改築してしまっては全くの別物になってしまうかもですし、費用も

とんでもなさそうですしね!

 

老朽化が理由となるとやはり今後建物自体は取り壊されてしまうんでしょうかね?

美術館として使用できないということならそのまま別の用途でってことに

なるでしょうけども、施設自体の利用ができないのならやむを得ないんでしょうね。。

 

今後どうなるのかも気になるところではありますね。次の建物も何か

美術に関係するそういった意志を継いだ物になるといいんですが

そればっかりはうーんって感じですね!

スポンサードリンク


現在の展示はどうなる?

常設展示の作品はどうなるんでしょうか?

以下の作品が常に展示されている作品ですね!

この作品の閉館後の行方についてはまだ発表になっていないみたいですね!

足繁く通った方達にとっては気になることだと思いますし、できればバラバラでは

なく、同じところでまた見られると一番いいんですけどね!

何か情報が入り次第追記してみたいと思います!

スポンサードリンク


まとめ

それではまとめです!

・2020年12月で原美術館が閉館を発表

・理由は建物老朽化

・常設展示の作品がどうなるのかは公表されておらず

よく行く美術館では期間展示のついでにいつもある展示作品を見てはなんだか

安心する気持ちにもなりますよね!美術館好きとしてはファンの方の

気持ちが痛いほどわかる!!

スポンサードリンク


URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top