オ・ギョンファン(醤油名人)の死因!ヤマサ醤油を韓国に持ち込んだ方法がすごい!

社長
オ・ギョンファン(醤油名人)の死因!ヤマサ醤油を韓国に持ち込んだ方法がすごい!

こんにちは!新じいです!!

今回は韓国の醤油名人と言われたオ・ギョンファンさんに

ついてです!

 

セムピョ食品の副社長で2019年2月13日に66歳の若さで

亡くなったそうなんですが、その亡くなった理由や

日本の醤油メーカーのヤマサの醤油を韓国に伝えたというんですが

その秘密の製法を韓国に持ち込んだ方法がやばいと話題です!

プロフィール

オ・ギョンファン

享年:66歳

所属会社:セムピョ食品

役職:副社長

 

オ・ギョンファン副社長は1978年にセムピョ食品に入社して

長年にわたって醤油づくり研究に尽力したそうなんです♪

醤油名人として韓国でもよく知られた方ですが、なんと日本の

醤油を伝えた方法がすごいと今回話題になっています!

韓国に持ち込んだ方法

その方法とは1986年に日本の醤油メーカーのヤマサの

麹室を見学をした時に麹菌は企業秘密とされていたんですが

オ・ギョンファン副社長は出来るだけ多く息を吸って鼻に麹菌の

胞子を集めて、そのあとに鼻をかんで菌の研究を行って解明したんだそうです!!

ざ、斬新!!笑

 

しかしこれはなかなか賛否両論が別れるエピソードですね笑

研究熱心だからこそのいい意味でなりふり構ってないって感じもありますし、

そんな方法で企業秘密を暴いていいの?っていう声もネットには上がっていますね!!

死因

オ・ギョンファン副社長の亡くなった原因について調べてみました!

しかし現在のところ何が原因だったのかの情報は出ていないのが

現状みたいですね。。

研究熱心だからこそ醤油の試飲とかも行っていたと思うので

もしかしたら血圧とかすごい高かったのかもしれませんね。。

まとめ

それではまとめです!

・ヤマサの麹菌を息を吸って集めて韓国に持ち帰る

・死因の病気は現在のところ情報なし

ご冥福をお祈りします!韓国ではオ・ギョンファン副社長の開発した

醤油が生き続けるんでしょうね♪

Visited 16 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました