長沢芦雪の犬が可愛いけどポメラニアン?虎図の迫力がやばい!

芸術家
長沢芦雪の犬が可愛いけどポメラニアン?虎図の迫力がやばい!

こんにちは!新じいです!!

今回は2019年6月8日放送の新美の巨人たちで紹介される

みんな大好き江戸時代の天才絵師長沢芦雪についてです♪

 

可愛い犬や大迫力の虎の襖絵が人気の長沢芦雪ですが

犬が完全にポメラニアンと話題になっていますね笑

その真偽も調べてみましょう!!

プロフィール

長沢芦雪(ながさわ ろせつ)は江戸時代の宝暦4年(1754年)から

寛政11年6月8日まで生きた絵師で大胆な構図(虎図がやばい)、

斬新なクローズアップを用いたりして奇抜で機知に

富んだ画風で人気を博して「奇想の絵師」と呼ばれていますね!

 

きっと長沢芦雪はきっと現代でも愛されるのは

その漫画的な構図が現代でも親しまれたことが

要因として大きいんじゃないかと思います!

芦雪の可愛い犬はポメラニアン?

さてそんな中でも圧倒的人気なのは犬と虎だと思います!

もうなんでしょう!この愛くるしさは笑

何その足は!そりゃ今でもフィギュア化されますわ!!

この犬の種類がポメラニアンじゃね?という声が上がってます!

その画像がこちら↓

 

完全な一致!ポメラニアン説を唱えるのも納得です笑

ポメラニアンの日本での歴史も調べてみましたが

明治の末期の頃に輸入されて、大正2年4月24日に東京都上野公園で

開かれた日本で初の犬の展覧会に登場そして入賞したことで

多くの人に注目が集まって話題になったらしいですね♪

 

逆に芦雪が見たこともないポメラニアンにそっくりな

犬を描いたことがもう不思議でならないです!笑

虎図の迫力がやばい

新美の巨人たちで紹介されるのが虎図の迫力がやばいですね!

この作品は和歌山県東牟婁郡串本町にある串本応挙芦雪館

展示されていますが、ここまで迫力のある構図そして漫画的な

可愛さも感じられる作品を江戸時代に描いた長沢芦雪の

才能に脱帽です!

まとめ

それではまとめです!

・犬はポメラニアンに完全に一致だが輸入の歴史的にはありえない?

・虎図の迫力ある構図がやばい

一度は実際に鑑賞したい作品ですね!

今回の番組で紹介されるのがとても楽しみです♪

Visited 45 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました