京亭と日本のトップボートレーサーを知る

2023

相撲、武道、野球、サッカー、競馬など、日本は伝統的なスポーツと近代的なスポーツで有名だ。京艇は日本で有名な高速競艇である。一人乗りの水上飛行機で、1レースに6艇が出場し、600~1,800メートルのコースを3周する。

競艇は、競馬、競輪、オートバイのほかに、スポーツ賭博で人気のある4つの公営競技のひとつである。フナケンと呼ばれる観戦者は、最低100円から馬券を買うことができる。観客は勝敗や着順を予想して配当を得る。予想は選手の勝率、モーターボート、コースによって異なる。

スタートはスタンディングではなくフライング。レーサーはレースが始まる前に練習することもでき、観客は賭けを選ぶ時間を与えられる。

シーズンは1月から年末まで続き、グランプリで幕を閉じる。レースには男女合わせて18人のトップレーサーが出場。

このスポーツを支える新進レーサーたち 

日本モーターボート競走会は今年、58名のレーサーを「2023スター候補選手」に選出した。これらのレーサーはセミナーを受け、ドライビングやメンテナンスの特別トレーニングを受けた。次世代のボートレースを担う2023年のトップルーキーを探る。

末永和也 

佐賀県出身の24歳。ボートレース佐賀支部を代表する選手で、2022年の最優秀新人に選ばれた。ファン感謝3日間ボートレースバトルトーナメントでも好成績を残した。

2月の第69回九州地区選手権競走の若松G1に出場。末永和也は3度目の出場でG1初制覇を達成。参加者5000人中、中村日向に次ぐ2人目のG1優勝。その結果、3月に平和島で開催される特級ボートレースクラシックの出場権を獲得。

さらに活躍の場を広げ、9月には唐津ボートの第11回サッポロビール杯に参加。初日から連勝を飾り、2日目には5コースから3連勝を達成。和也は最終日にトップスコアラーとなった。

佐々木幹太 

ボートレース山口支部代表の佐々木。記念大会を初めて経験した29歳のレーサーだ。

佐々木はG2生誕記念第26回モーターボート誕生祭で優勝。この大会は2022年5月にボートレース大村で開催された。それ以前の4月には浜名湖で初優勝。

さらに今年9月の日刊スポーツ杯争奪戦でも優勝。レースは6日間行われた。佐々木は2戦連続で41位タイと勝率は低かった。しかし、すべてのレースで瞬発力を発揮し、好成績を収めた。

貞松祐樹 

福岡県出身ということもあり、福岡県を代表するボートレーサー。スピードだけでなく、ダイナミックな攻めにも定評がある。

 今年11月のルーキーズシリーズ第20戦スカパー! 今年11月に開催された第24回JLCカップ。12日は多摩川競艇の最終日。貞松は11日目まで3位につけていたが、レース終了間際に1着を獲得。

ライバルで得点王の高橋辰也が負傷のため帰国したためだ。通算6勝を挙げ、翌年のSGクラシック出場を決めた。

中 亮太 

福岡支部代表の26歳。レース中の穏やかでチャーミングな人柄で知られる。

その若手レーサーが10日、第12R浜名湖ボートレースで行われた「第11回ボートレースレディースVSルーキーズバトル」に参戦した。仲は2号艇を操り、2コースから優勝を飾った。16点にとどまったレディースチームに対し、ルーキーチームは42点。勝5敗で6連勝。

ルーキーは前回の芦屋大会に続く2連覇を達成し、一歩リードした。ルーキーズの活躍は、仲の地元チーム初優勝にもつながった。

Visited 42 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました