ビットコインの買い時を見極めよう!チャートの見方や分析

2024

バズりまくっているビットコイン市場。せっかくだからチャート読めるようになってみたいと思っている方も多いと思います。チャート分析の基本から応用までをじっくり解説していきます。しっかりした知識をつけて、ビットコインの買い時を見極めれるようになりましょう。

ビットコインチャートの基本

トレンドラインの描き方

トレンドラインはビットコイン チャートを読みとく、基本中の基本。トレンドラインの弾き方を知らないトレーダーはいません。トレンドラインを引くといろんなことが分かってきますが、簡単なところで言うと、上昇中か下降中か簡単に判断できます。トレンドラインの描き方は結構簡単で、底値を最低2つ、できれば3つ以上結んでいくだけです。高値でもOK。

 

これで、次にビットコインの価格が下落してきた時に買う目安になります。上昇トレンドが一度でれば相当強いので、多少買ってもいいと思います。また、買い時だけじゃなく売り時も確認できます。それは高値結びしたラインです。底値を結んだトレンドラインで購入し、高値を結んだラインで売り抜ける。これだけでも立派な戦術になり、上級者でも使っている(判断材料にしている)トレーダーも多いです。

サポートとレジスタンスレベルの特定

サポートレベルは価格が下落する際に下支えとなるポイント。いろいろ線の引き方はありますが、急激に上昇した点から水平に線を引くとサポートになることがあります。ただ、これはあくまでもスキャルピングの技術です。本当にサポートになるかは、ラインだけじゃなくでチャートパターンから判断することも大切になります。ビットコインを買うのは、最初は宝くじを買うような感覚かもしれませんが、サポレジがある程度理解できればチャートの様子もわかるようになってくると思います。

チャートパターン

チャートパターンは価格の動きが一定の形を作ることで、未来の価格を予測することができます。1ヶ月でもチャートを眺めてるとわかりますが、チャートにはパターンがあります。代表的なパターンには「ヘッドアンドショルダー」、「ダブルトップ」、「ダブルボトム」などがあります。上級者になってもかなり使える技術なので、かならず覚えるようにしておいてください。

仮想通貨の天井を知るのに役に立つと思います。仮想通貨が暴騰し、いつ売り抜けるか判断する時に綺麗な「ヘッドアンドショルダー」、「ダブルトップ」が出現していたら、利確するタイミングかもしれません。あくまでもこれは基本的な内容になるので、この情報に+Lαすることが重要です。例えば、前回の高値まで到達していて、尚且つ「ヘッドアンドショルダー」、「ダブルトップ」が出ていたら、さらに確率は上がります。このように、一つだけでなく、二つ、三つといろいろな条件などを加味して、売買してみましょう。チャート分析は複雑に感じるかもしれませんが、基本を押さえ練習を重ねることで、自信を持ってビットコイン市場で戦っていけます。

テクニカル分析入門

移動平均線の活用

初めての方は聞きなれないかもしれませんが、必ず覚えておきたいのが移動平均線。特定の期間にわたる価格データの平均値です。短期間の移動平均線(例えば5日間)と長期間の移動平均線(例えば50日間)を比較すると、市場の方向性が見えてきます。有名なところで言うと、短期線が長期線を上回る「ゴールデンクロス」は強気市場、逆に下回る「デッドクロス」は、弱気市場のサインとされます。結構当たることも多いので、一つのサインとして覚えておきましょう。

ボリュームと価格変動

取引量(ボリューム)は市場の活動度を示す指標で、価格変動と連動していることが多いです。例えば、価格が上昇する際にボリュームが増加すると、トレンドには強い勢いがある!逆に価格が上昇してもボリュームが伴わない場合は、勢い不足と予測できます。

オシレーターとモメンタム指標

ビットコインやFXでも頻繁に使用されているのがオシレーター。市場が過熱しているか、売られ過ぎているかが分かります。代表的なオシレーターには、RSIやストキャスティクスがあります。とはいえ、あくまでの一つの指標にすぎないので、RSIやストキャスティクスだけではありませんが、あまり頼りすぎないようにしないでください。

もう少し具体的な使い方を言うと、例えばRSIが70を超えると「買われ過ぎ」、30を下回ると「売られ過ぎ」とざっくり確認できます。テクニカル分析は、ビットコイン市場を見極めるかなり重要なツールであることは間違いないので、移動平均線、ボリューム、オシレーターなどはしっかり抑えておきましょう。ツールだらけになるとどれを判断していいかわからなくなることもあるので、できれば1つか2つの指標をメインに見ていくといいと思います。トレーダーにとって使いやすくて、勝ったことがある経験が多いツールを選ぶといいでしょう。実践に使えますので、これから頑張って使い方を覚えてみましょう。

市場心理とビットコイン価格

フィアー&グリードインデックス

フィアー&グリードインデックスは市場の感情を数値化した指標で、投資家の恐怖や欲望を数値化します。結局、チャートは投資家の心理がかなり反映されるので、フィアー&グリードもかなり使える指標になります。具体的な使い方は、0から100まであり、50が中立。数値が低いほど市場は恐怖、高いほど欲望が強いという意味です。

キャンドルスティックパターン

価格変動を視覚化したものです。時間軸は1分足から月足まであるので、いろんなパターンを予測することができます。ちなみに、ローソク足とも言います。例えば、長い下ヒゲがあるローソク足は、一時的な価格の下落後に買い戻しが入ったという意味です。これが日足以上で出れば、買ってもあまり負けることがないでしょう。ただ、売り時を間違えないようにしてください。このようにローソク足(キャンドルスティック)は基本中の基本なので必ず読めるようにしておいた方がいいと思います。

 

Visited 29 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました